りんごのお話

「国光」と「デリシャス」の交配選抜種。
青森県の農林省園芸試験所東北支場が度重なる品種交配の末、青森のリンゴ農家の将来を託し開発された。 「東北7号」のちに、昭和37年「ふじ」と名付けられた品種。 しかし、「ふじ」は色づきが悪く、接木をすると大木が次々に枯れるなど大きな欠点を持っていました。
農家は誰もが新品種の栽培に二の足を踏んでいましたが、一人の農家が協力を申し出、 壮絶な戦いの据え、背水の陣で「ふじ」の欠陥克服に成功、今日のふじの基礎を作りました。その後、着色系など次々新しい「ふじ」が開発されました。
しかし、色はあまりよくありませんが、最初のふじ以上の味のものはない気がします。
当園は5割が最初のふじ「東北7号」です。

Main photo gallery