りんごのお話

青森りんご試験場で、ゴールデン デリシャスに、ある品種の花粉を交配して生じた実生から1943年(昭和18年)に選抜され、その後花粉親は紅玉と特定されました。
命名・登録が延び延びになっていましたが、青森県は1970(昭和45)年に「青り2号」と仮に命名。 その後「つがる」と命名されました。
味は甘く、大き目のりんごです。 それ以降、次々着色系の枝変わり種が出回りました。その中で当園の紅つがるは、大変美味しく着色のよいものとして取り入れました。
糖度が高いですが、果物が小さめです。日持ちは、当地のような高原で10月上旬が限度です。

Main photo gallery